フィジカル(物質の)とデジタルをかけ合わせた造語であるPhygital(フィジタル)。 このサイトではそのPhygitalにMarketingをさらに合わせ、ネットとリアルの世界を融合させた情報を配信中。
HomeView All Posts
Latest Posts

朝から晩まで仕事に追われていても、コーヒーくらい好きなタイミングで飲みたいなぁって常に思うのですが、それでもコーヒーショップが長蛇の列だとついついあきらめてしまいますよね。 今日は、忙しい方にもうれしいゴリラコーヒー六本木店のモバイルオーダーサービスをご紹介します。

青葉若葉の好季節、ゴールデンウィークの先陣を切って今年もこのイベントが開催されました! ドワンゴ社が主催する、きらびやかなコスプレーヤーが舞い踊りそれに群がる汗全開の男子諸兄が群れをなし、更には企業ブースや団体が何とも言えないサブカル寄りのラーメン次郎コールよろしくマシマシで胃袋がクラッシュするほどの大盛りコンテンツが展開されるビッグカーニバル、その名も「ニコニコ超会議2017」に行ってきました! 2012年から開催され今年で6回目とのこと。幕張メッセには15万人のお友達が集結したらしいです。日本のサブカルチャー文化を先導してきたニコニコ動画であるため、出展している企業ブース(なんと124ブース!)でも堅苦しいコンテンツを提供すること無くどこか牧歌的な「ゆるさ」を感じるイベントを催しているようです。 それでは行ってみましょう! いざ、場内へ おぉ!?全裸で拳振り回している変な巨人がいますね、何でしょうか?物騒ですね。 天井にも届きそうな、身の丈10メートルぐらい、そんな大きな人のオブジェがたたずんでいます。 私もこんな風に色んな意味で大きな人間になりたいものです。ただ裸でいたいとは思いませんが。 今度は横に大きな人達がきれいなフンドシをお召しになり群れをなしているようです。 ぶつかったり、ひっぱたいたりしていました。 突然マッチョなお兄さん登場。みんな大好きみたいです。VIVAニッポン! テクノロジー紹介 それではテクノロジーっぽいのもあったので紹介させていただきます。 遂にVRのビッグウェーブがやってきましたね。 ヘッドマウントディスプレイをかぶり疑似コンテンツを体感してもらうブースが目白押しでした。 どこかの団体の女性にVRで360度怒られるという活気的なものらしいです。 とある女性が怒っていますね。 しかも人差し指でその名の通り人を指して怒髪天を着く怒りっぷりを披露しています。 指に血流センサーをつけてどのくらいビビリまくっているのか測定するそうです。 怒られまくって心臓がバクバクいっているのがヴィジュアライズされるというありがたいものです。 さて、私もVRを体験してみたいと思います! どれどれ……100分待ち!! 世の中にどれだけ怒られたい人がいるのでしょうか? これが現代っ子もしくは新人類ってやつなんでしょうね。 一方で、こちらの団体さんはハイテクな技術ではなく万人がこよなく愛すカレーで攻めています。 胃袋掴んでおくのはいつの世もセオリーですよね!そんでもってマリオキャラのイメージはまだ保っていたいようです。 おっ、これは規制が厳しくなって使いづらくなり最近見かけなくなったドローンではないですか?!元気そうでなによりです! クイズの回答が記載されているパネルに着地すると当たるというバッチグー感満載な企画が催されています。 そして、しっかりと保護用の網が張りめくらされているじゃないですか!これでドローンを安心して飛ばせそうですね。 このような大型イベントではまだ活用できるのはうれしいですね!ドローン、流石です!! 最高です!! 目の前に未来が広がっているそうです。フィーチャー感満載です! 現在大ブレイク中のヘッドマントディスプレイが鎮座しております。 リビングにソファーやテレビ台やテーブルが配置されていますが、VRで見ると青い髪の小さい女の子の3Dモデルが見えます。 色々3Dモデルが動くのでどこに隠れたか探すゲームのようです。ですが、「見えない人が見える」と文章にすると恐怖しか感じえません。 NTTさんブースでもドローンを出展。 バルーンの中にドローンが埋め込んであり、さらにそのバルーンには文字や画像を表示させることができるそうです。 つまりは運転操作可能な小型版アドバルーンといった感じです。 ちなみに「こ、こいつ、浮かんで映るぞ!」はガンダムの名セリフ「こ、こいつ、動くぞ!(by アムロ)」のオマージュです。豆知識ですけど。 こちらでは泣く子も黙るロボットアーム。何故か米俵掴んでいます。 これまたこのイベントでの伝統芸能!(またまた) 裸のマッチョメンのダンベルの動きに合わせロボットアームが動くという一体どのような未来的メッセージがあるのか昭和の人間にはさっぱり想定がつかない演出を披露。 一発ネタ勝負なんであまり深く考えてもしょうがないのですが。 総括 1. 今まさにVRの成熟期であると言える。今後ビジネスソリューションとしての展開も増大することは必至である。 2. ドローンも期待の新テクノロジーともてはやされていたが日本だけに限らず世界的に飛行規制が厳しくなり活躍の場が閉ざされているのが現状である。だが、このような屋内大型イベントにおいてはドローンの周りに防護網を設置することで安全性を確保すれば「客寄せ」的な演出行為は可能である。 3. ともかく男の演者は巨人さんも相撲取りさんもマッチョさんも含めてみんな裸であった。アナログ的な筋皮質の増量は一見テクノロジーが進展するデジタル社会とは相反する文化であると想定していたが、カルチャーとしては共存する事が可能でありかつ相互補助・補完する事も可能であることを如実に知らしめた一例と言える。 ニコニコ超会議2017を見て回っての感想ですが、普段は硬めの企業や団体さんでもサブカルチャー文化の見本市の場と融合することで「ユーモア」と、ある意味での「ゆるさ」というか「人間味ある暖かさ」をブランディングできる唯一のイベントなんだなと感じました。 また、サブカルチャー寄りのエンタメコンテンツもVRなどのテクノロジーを媒介とした新しい生活者経験(ユーザエクスペリエンス)が披露されおり、今はまだ想像できないですが今後よりテクノロジーと連携したカルチャーが創出されるのではという期待感を持つことができました。

”AI⇒人工知能” ”AI”……この言葉だけでは色々なレベル感・解釈があり、どこまでの範囲をリテールでのAI事例として取り扱ってよいか判断に迷う所ではありますが、一般的にAI事例とうたわれているものを解釈を交えて紹介していきます。 AI⇒需要予測 需要予測にもAIが利用されています。 経済産業省が行っている次世代物流システム構築事業の実験の中で、需要モデルの高度化をさせる為にAIを利用しています。 AIを利用することでこのプロジェクトでは以下の効果がでているようです。 引用ページからまとめると…… 飲料・鍋物等が気温との関連性が高く、需要予測による効率化が見込まれることが分かった。 小売店における来店客数予測の精度が従来の解析手法と比べて約20%向上した。 twitterの位置情報付きツイートから、どのような気象条件の時に人が「暑い・寒い」を感じるかを分析し、需要に直結する体感気温を作成した。 引用: 需要予測の高度化・共有により返品・食品ロス削減に成功しました - 経済産業省 ロジック的に考えていけば人間でもできることかもしれないですが、購買データ・気象データ・twitterのデータの全てを総合的に見るのは人間では厳しいデータ量ですね。 この辺はやはり人工知能の力が存分に発揮されている所だと思われます。 AI⇒画像解析 AIといえばやはりコレが一番ですね。 AIを利用する前までは、画像ファイルの中身は人間の目で見ないとどんな情報が格納されているのかわからないので、画像を見て、タグ付けするなどで情報を付加していました。 それが、AIが画像の中身の解析をできるようになったのです! こういった技術を利用してJINSが昨年の秋に開始したJINS BRAINです。 メガネをかけた画像を解析して、そのメガネが似合っているかをスコアリングしてくれるようです。 いつも同じようなメガネから冒険する時にはすごい後押しになってくれますね。 オンラインとJINS店舗で利用可能なサービスです。 引用: JINS、眼鏡をAIがレコメンドするサービス「JINS BRAIN」を開始 - CNET Japan AI⇒コミュニケーション これは海外での事例ですが、最近のAI事例のなかで一番しっくり来たので紹介したいです。 ブラジルのサンパウロ州立美術館で、AIが来場者の質問に答えてくれるというものです。 コレだけ聞くと『いや、それ誰でも想像できる使い方だよね?』という感じがしますが、美術館と来場者とのギャップを埋めてくれた良い事例だと考えられます。 引用: 来館者数200%UP!サンパウロ州立美術館、人工知能によるガイドサービスをローンチ - AdGang どうしても文化系のものは展示する側と来場者に知識レベルのギャップがあります。そこを埋める役目としてAIが入っていて、よいコミュニケーションがはかれている事例だと思われます。 これは小売にとっても同様のことが言えるはずです。 店側の情報量と客側の情報量には多方面(在庫・商品についての情報など)でギャップがあります。 そこをコミュニケーションで埋めるべきですが、忙しそうな店員さんに聞きづらい状況があり、聞けないで終わっちゃうということが多々あると思われます。 この聞きづらいことをスグに聞けちゃうという使い方にAIを利用するメリットを感じます。 リテールでの事例を探すと、住宅リフォームや生活家電の販売をするLowe’sではLowBotというロボットが商品を見つける手助けと在庫追跡に特化して案内をしてくれるようです。 引用: 見つからない店員よりも人当たりのよいロボットに相談、“小売り×IoT”の最新事例 - TechTarget ジャパン もうひとつはメーシーズとノースフェースの事例で、AIで接客をするというものです。 メーシーズではスマホに打ち込んだ内容から、売場を案内するというものです。 引用: 米小売り、接客にAI活用 メーシーズなどIBMと組む - 日本経済新聞 ノースフェースではECでの事例ですが、ユーザが入力したキーワードから最適な商品を絞り込むというもので、いずれもIBM社のWatsonを利用しているようです。 人に聞くのはためらうが、AIになら聞けちゃうというのは気持ちわかりますね。 接客をいくつかの層に分けて考え、聞かなくてもなんとかなるが聞いたほうがスムーズにお買物できるというようなコミュニケーションをAIにやってもらうというのは良い考えのように思えます。 そして、最終的なコンバージョンに近いところは有人で接客することで全包囲網的な接客ができると考えられます。 まとめ 個人的には”AI=人工知能”という言葉だけを聞くとSF的なイメージを感じてしまうのが拭いきれないですが、ここにピックアップした事例のように既に世の中でAIと呼ばれる技術が色々な所で使われています。 今後、機械学習・深層学習が進んでいくにつれて、より精度の高い判断ができるようになっていきます。 デジタルが人間の感覚に近づいていき、フィジカルとデジタルが自然にミックスされるような世界が広がってくると思います。 そうなることでユーザがデバイスを意識しないでデジタルの施策を受け入れられるようになっていくはずです。 世の中の流れ、ユーザの心理を正確に捉えながら今ある技術を利用していく。 そして時代と共に変化し続けていくというのが、柔軟に最新技術を利用していくツボなのではと考えます。

毎日の生活に少しずつ入り込んできているIoT機器。今回はスマホ連動する歯ブラシをレポートします。 歯磨き嫌いのお子さんにうってつけ!“G・U・M PLAY” ちょうど1年前に発売されたGUMPLAY。これまでに様々な広告賞を受賞している歯磨きツールです。

昨今、VRへの注目がどんどん高まってきています。
今後は小売業界でも普及が進みそうな勢いがあります。
今回は、小売業界に特化して、どのような動きがあるのか事例を紹介しながら、今後について考えてみようと思います。

小売業界トレンドはオムニチャネルからVRへ!?

どの小売店もオムニチャネルを合言葉に店舗と自社ECサイトの区別をなくし、コスト削減と利益最大化に注目してきました。
一方で、オンラインの小売業者もリアルとオンラインの区別をなくすかのように、リアル店舗を展開する企業も出てきました。
amazon社は米シアトルに「amazon go」1号店を開店し、多くの注目を集めました。
※amazon goについては当ブログでも記事がありますので、ご参照ください。
凄すぎ!Amazon Goの発表で学ぶべきポイント3点!

こんにちは。福岡Unitの曲山です。

いよいよ今シーズンも開幕ですね!

ホークス戦でのキャンペーンにIMJがデジタルスタンプでのクーポン消込機能でサービス協力しているということで、いちユーザーとして体験しに行ってきました。

この日(2017/3/31)はホークスの開幕戦初日でした。写真は試合開始1時間前のドーム前ですが、すでに観戦客がたくさんきていますね。熱気を感じます……。

キャンペーン概要はこちら

「スポナビライブ 生ビール1杯無料キャンペーン」概要
———————————————————————————–
期間:2017年3月22日(水)〜4月27日(木)
場所:福岡 ヤフオク!ドーム
対象:上記期間中に福岡ソフトバンクホークスが主催し、福岡 ヤフオク!ドームにて開催されるオープン戦および公式戦を観戦する「スポナビライブ」会員で、指定の特典引換ブースに来場した方。
特典内容:福岡 ヤフオク!ドーム内で使用できる700円分の商品券
キャンペーン詳細はこちら
———————————————————————————–

IoTカートやインテリジェンスカート、海外ではInteractive Shopping Trolley等、様々な呼び方で呼ばれていますが、ここでは総称としてスマートカートと呼びます。

以前、フィジマケブログで三井物産のショピモ(スマートカート)の体験記事を執筆しましたたが、その一週間後にテレビ東京で同サービスがトレンドとして取り上げられました。

ショピモの導入店舗は、カート利用のリピート率やクーポン商品の売れ行きが順調に伸びているとのことで、上々の成果が出ているようです。

こんにちは。IMJの研究開発チーム「すまのべ!」の田野です。
私たちは、「アイデアとテクノロジーで世の中に !を。」をコンセプトに活動しています。

「サイネージ」という言葉を聞くと、まず思いつくのが大きなモニタを使った電子看板、いわゆる「デジタルサイネージ」ではないでしょうか。

店内や店頭での使用をはじめ、最近ではビルの屋上での超巨大なデジタルサイネージ、電車内での小さなデジタルサイネージなど、その大きさや形状、設置場所は多岐にわたります。

デジタルサイネージそのものにはもう目新しさはありませんが、画期的な新しい活用方法がまだまだ残されているようです。

今回は実際に行われたプロモーションでのちょっと変わったサイネージの使い方を紹介していきます。