フィジカル(物質の)とデジタルをかけ合わせた造語であるPhygital(フィジタル)。 このサイトではそのPhygitalにMarketingをさらに合わせ、ネットとリアルの世界を融合させた情報を配信中。
Homeテクノロジー未来を感じさせるホログラムの仕組みと今後の展望は?

未来を感じさせるホログラムの仕組みと今後の展望は?

VRなど最新の機器が次々とリリースされておりますが、リアルとバーチャルの融合はどのように発展していくのか、ホログラム技術に注目して推察してみました。

昨今の映像表示技術について

ヘッドマウントディスプレイにより、仮想空間にどっぷり浸かって、世界観を存分に楽しめるVRが、急激に進化してきています。
PlayStation®VRの発売により、更に身近になったVR。Google Earth VRも話題になっていますね。今や話題に事欠きません。

このような近未来感のある映像技術はこれからもどんどん進化していくことでしょう。
近未来感と言えば、SF映画に出てくるような、人があたかもその場にいるように映像を投影する技術を抜きに語ることは出来ません。
この、あたかもその場にいるように人が浮き出てくる映像技術はもう既に存在しているのはご存知でしょうか。
今回はその技術について、ちょっとだけお話させていただきます。

Digital partnership concept

人が浮かびあがって見える技術とは!?

人があたかもその場にいるように映像を投影する技術とはそもそも一体何でしょうか??
それは「ホログラム」という技術です。
ホログラムとは見る角度によって、あたかもその場に映像が浮かんでいるように見える技術です。
ホログラムはまだまだ発展途上な技術ではありますが、今後、もしかしたら、色んなものに利用されるかもしれません。
この「ホログラム」という仕組みは一体、どんな仕組みなのでしょうか。
実はものすごく単純な仕組みなのです!


IMJで行った社内イベント「ファミリーデー」で子どもたちが作成したホログラム

ホログラムの仕組み、それは「光の屈折」

小学校の理科で習ったと思いますが、物質を通過する光は屈折して通過します。
例えば、水に足を入れると、光の屈折により、実際に足がある場所とは異なるように見えます。
ホログラムの仕組みも同じ原理を利用しており、ガラスなどの透明な媒体を使って光の屈折を生み出しています。
ガラスなどの透明な媒体でも見る角度によって、光の屈折は発生するので、媒体を傾けることで、無いはずの場所に、あたかもモノがあるように見せる事ができるのです。

今後のホログラム技術進化の展望

現状では物理的な媒体を通して映像を浮かび上がらせるだけですが、今後、何も無くても、あたかもあるかのように見せる事が可能になるかもしれません。
例えば、砂漠の何もないところに街が忽然と現れたり、海上で船が浮いて見える蜃気楼のように、自然現象の仕組みを応用することで可能になるのか、はたまた、目には見えない物質利用し光の屈折を実現するのか、想像の域を超えませんが、今後の技術と科学の発展によって近い将来、モニターやヘッドマウントディスプレイに変わるものが現れてくることでしょう。

今後のホログラム活用方法は?

さて、このようなホログラム技術はどのような場面で活用できるのでしょうか。
既に取り入れられたものもありますが、いくつかご紹介していきます。

・ショーウィンドウ
シーズンやイベントの度にリプレイスされ、通行者の目を惹きつけていますが、ホログラムの利用で瞬時に映像が切り替わり、見る人にとっては今まで以上に魅力のあるディスプレイに変わっていくでしょう。

事例:新宿伊勢丹 Perfume × TIFFANY

・ビデオチャット
画面に映し出された相手と会話できるビデオチャットですが、ホログラム技術の発達により、あたかもそこにいるかのように会話ができるようになるかもしれません。

・ライブイベント
全国ツアーなど有名になればなるほどライブも全国各地で開催されます。臨場感あふれる演出はライブの醍醐味でもありますが、リアルとそれほど違いがなければライブそのものがホログラム化するかもしれません。

事例:初音ミク ライブ

このように様々な場面で今後、ホログラム技術を利用される事が増えていくことでしょう。
もしかすると数十年後、平面的なモニターが全てホログラム映像に変わっているかもしれません。
その時、我々はリアルとバーチャルの区別が出来るのか、そんな時代が来るのが待ち遠しいです。

清水 謙考
豊富なデジタルサイネージの知識で、新しいPhygitalを提案するプランナー。商業施設や公共スペースでのデジタルサイネージ企画から導入、運用まですべてこなしてきた実績を買われ、IMJに入社。飲み歩いては、その場で出会う人とすぐに仲良くなる親しみやすさで、色んなパイプを持つ。結婚後の家事では料理担当。料理写真をFacebookにアップして幸せな新婚生活を見せつけている。