フィジカル(物質の)とデジタルをかけ合わせた造語であるPhygital(フィジタル)。 このサイトではそのPhygitalにMarketingをさらに合わせ、ネットとリアルの世界を融合させた情報を配信中。

「きょうの料理」レシピをスマートに受信できる「かざしてレシピ」を体験しに東急ストア中目黒本店へ行ってみた

タグ:

こんにちは、「料理大好き」清水です。
自作の料理をつつきながら晩酌をするのが楽しみな私ですが、今日は何作ろう?といつも悩んでしまいます。
主婦(主夫)の方ならなおさら、毎日の献立を考えることが苦痛になってしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方に便利なサービスが2016年12月、東急ストア中目黒本店にて試験運用が開始されました。

詳細はこちら
東急電鉄など3社、IoTを活用したレシピ配信サービスのトライアル開始 – ITpro

昨年末、早速体験してきましたので、レポートいたします!!

さっそく東急ストア中目黒本店へ行ってみました

nakameguro-sta
写真の中目黒駅改札を出て、信号を渡り線路脇をちょっと歩くと「東急ストア中目黒本店」が見えてきます。

皆さんが、年末年始の買い物で大忙しの12月下旬、2016年最後の取材として、東急ストア中目黒本店に行ってきました!
東急ストア中目黒本店は1階にレジがあり、カップ麺や飲料、乳製品が陳列されています。地下が生鮮食品売り場となっています。

まずは1階をブラブラしましたが、お目当てのかざすレシピが見当たらず……。
あ!そうか。そりゃそうですね。
だってカップ麺や飲料ではレシピあっても作れないですもんね。

と、1階はこれくらいにして、早速地下へ。

地下へ向かう階段でポスターが貼ってありました!

nfc

これにかざせばいいんですね!?
NFCに対応しているスマホであれば、単純にかざすだけで簡単に受信できます。
(私のスマホはNFC非搭載なので、QRコードで利用しました)

QRコードを読み込むと以下のような画面が出てきます。

kazashite-recipe

まずは、アンケートに協力。
その後に以下のような画面が出てきました。

kazashite-recipe2

あ、あれ??

どうしたらいいんだろう?とりあえず、店内にある「かざしてレシピ」のPOPを探してみることに。
買い物カゴとスマホを持ちながら店内をウロチョロ……

barcode

あちこちに札が立っている!
かざせば、これらの商品を活用したレシピが出てきます。

ざっと見たところ、以下の食材で「かざしてレシピ」のPOPを見つけました。

セロリ、春菊、水菜、ウィンナー、牛ロース、スモークサーモン、生しいたけ

他にもあったかもしれませんが、店内が広く、年末のお買い物でお客様も多かったので、探せませんでした(汗)

そして、今回選んだのは……
みんな大好きウィンナー!!

さっそくQRコードを読み込んで……

doria

ウィンナーを使った料理「ソーセージのドリア」が出てきました。
寒い日にはチーズたっぷりホカホカのドリアは体温まるし最高ですね!

recipe

レシピに必要な材料も書いてあります。
これを見ながら買い物が出来て、便利ですね!
必要な材料を探して、店内を行ったり来たり……
導線を無視してウロチョロしましたが、これはこれで回遊促進で「ついで買い」促進につなげる狙いがあるのでしょうか。
侮れませんね!

foods

なんとか無事に食材ゲットです!
いやはや、初めて来店するスーパーでは、どこに何があるかわからないので、必要以上にウロチョロしてしまいましたが、このサービスはかなり便利だなぁと実感いたしました。
我が家の近くのスーパーでも、ぜひ実施していただきたい!!

実際に利用してみて思った5つのPOINT

ポイント①:サービスの認知率向上が必要

アピールが階段の踊り場部分とレシピの札だけなので、パッと見ただけではわからず、スルーされてしまうでしょう。
認知を上げないとせっかくの便利サービスなのにもったいない!

ポイント②:利用方法の丁寧な説明が必要

かざすだけとは言え、スマホを取り出し、かざすアクションが絶対に必要になります。
私も最初に発見したポスターにあるQRコードを読み込んでもレシピが出てこなかったことに少々戸惑いを感じてしまいました(汗)
Webページで説明があるだけでも違ってくるでしょう。
その行動でどのようなアクションが返ってきて、どのようにすればレシピが出てくるのかを、スマホ操作に明るくないお客様でもわかるようにすれば、もっと利用者が増えるはずです。

ポイント③:かざすポイントを増やすことが飽きさせないコツ

今回見つけられたのが7箇所でしたが、もっと増やすことで、より多くの方の目に止まり、利用者数の増加とリピート率が増えるはずです。

ポイント④:レシピ一覧をひと目でわかるようにする事が重要

どこにレシピがあるのか宝探しのようになってしまいましたが、どの食材でどのようなレシピがあるのか一覧でわかるようにすると「あ、やっぱりこっちにしとけば良かった」などのちょっとした後悔が少なくなるはずです。

ポイント⑤:レシピの関連商品をお客様が手に取りやすい工夫が必要

レシピを見てくれて必要な材料をカゴに入れるまでに店内を回遊する必要があります。
回遊により、ついで買いを促進させるのも一つの手段ではありますが、お客様にはストレスなく買い物してほしいもの。
料理に必要なものを近くに配置することでより多くのお客様に活用いただけるのではないでしょうか。

まとめ

料理好きなのに、作りたいものが決まらない優柔不断な私にとっては非常にありがたい施策だと感じました。
しかし、まだまだ改善の余地がある可能性を秘めた試験運用。
ぜひ、試験運用で終わらずに発展、普及させてより良い施策になったら嬉しいなぁと思いながら家路につくのでした。


おまけ

doria1

帰宅して、さっそく調理しましたよ!
プロのレシピなだけあって、簡単!美味い!の安定のレシピ。
嫁も「美味しい!」と満足な仕上がりで、私も料理と一緒に美味しいお酒が飲めました!!
東急ストアさん!ありがとう!!

この記事を書いた人

豊富なデジタルサイネージの知識で、新しいPhygitalを提案するプランナー。商業施設や公共スペースでのデジタルサイネージ企画から導入、運用まですべてこなしてきた実績を買われ、IMJに入社。飲み歩いては、その場で出会う人とすぐに仲良くなる親しみやすさで、色んなパイプを持つ。結婚後の家事では料理担当。料理写真をFacebookにアップして幸せな新婚生活を見せつけている。